久しぶりにプラ板をやってみた

今日は娘とプラ板をやりました。プラ板ってみんな知ってるかな?透明なプラスチックの板の上にマジックで絵を描いてオーブンで焼くと、縮んでキーホルダーとかに使えるパーツが出来るって遊びです。

私がプラ板にはまっていたのは小学生の頃だから、もう数十年前のことです。いまだに売ってるのにもびっくりしました。

子どもは好きなキャラクターを描いて、きゃっきゃと楽しんでくれました。オーブンで焼いたあとに、本に挟んでまっすぐにするのが一番難しいんですよね。

冷める前に挟まないと歪んじゃうし、急ぐと熱くてやけどしそうになるし。

でもその慌ただしいのがまた楽しいんですよね。そんなこんなで娘と面白くプラ板を堪能しましたが、飽きっぽい子どものこと。何枚か材料が余ってしまいました。

そこで何かに使えないかネットで調べてみたら、今は大人でプラ板を趣味にしてるって方もいるんですね。アクセサリーパーツにしたり、デザイン次第では普通に使えるオシャレなものが出来そうで楽しそう!娘より私の方がはまってしまいそうです。